トップ / 歯科医師の飽和状態問題

歯科医師の飽和状態問題

歯科医師の現状は

飽和状態にある歯科医師

歯のスペシャリストである歯科医師ですが、徐々に飽和状態になりつつあることをご存知でしょうか。実は全国にある歯科医院の数はコンビニよりも多く、今もなおその数は増え続けています。歯科医は難関の国家資格であり、受験するためには歯科系の大学で6年間学び、卒業しなければなりません。莫大な学費と時間がかかるにも関わらず、歯科医院の数は既に飽和状態にあり、仮に資格を取得して歯科医院を開業出来たとしても、歯科医師を続けていける確率は低くなります。

将来的に医師が飽和状態になるか

医師と一口にいってもさまざまな科が存在しています。不足が叫ばれる中で少しでも業務を円満に進めたい、という場合には、多くの人材を採用する必要があります。ただ、現状では人手不足ですが、将来的には飽和状態になるのではないかという説もあります。しかし、医師が飽和状態になったとしてもこれからは高齢化社会ですので、一定の需要があるといってもよいでしょう。情報に惑わされることなく、職務を果たすことが大切なのです。

↑PAGE TOP