トップ / 医師の仕事環境の改善を

医師の仕事環境の改善を

医師の仕事事情は

医師は本当に激務なのか?

国家試験でも難関だといわれている中でも年収の面で安定性が高く女性からも人気を集めている職業として知られているのが医師ですが、その華やかさと相反して激務であり非常に忙しい仕事であるというイメージを持たれています。実際にも多くの医者が激務で疲労を蓄積させているとされているのですが、本当に忙しいのでしょうか。これに関しては皮膚科や美容関連などの一部の診療科目を除いてほとんど当たっていると言われており、慢性的な人材不足や仕事に対する責任の重さ、環境整備の遅れなどの理由から非常に忙しく完全な休みを取ることができないとされています。特に都市部よりも地方の方が医師不足が深刻となっているのでより激務となっており、一部の診療科目ではほかの病院から応援を呼ばなくては回らないというケースも少なくないです。そのため今後は医師の現状に対する環境整備が急がれており、今後の国民の健康維持のためにも重要な問題となっています。

医者は激務になるケースが多い

世の中の医師の仕事というと、かなりの激務になってしまうケースが非常に多くなっています。もちろん各科の状況にもよりますが、相当な体力が無いと務まらない職なのは間違いありません。今日までの医療技術の飛躍的な進歩は凄まじいものがありますが、何故か患者の数は増加の一途を辿っています。これはやはり現代の生活習慣が数十年前と比べて変化をし、食事の内容が変わったり運動をすることが少なくなったからなのかもしれません。その分日本全国の医療機関に、非常に多くのしわ寄せが訪れているのです。その中でも特に激務になっているのが、産婦人科や小児科などの子供を扱う医師です。いくら少子高齢化で子供の数が少なくなったとはいえ、産婦人科で赤ちゃんが生まれる事実は変わりませんし、小児科で病気の治療に訪れる子供の数が減ることはありません。むしろ患者の数はさらに多くなっているのが現状のため、診察をする側の仕事の量がどんどん増えてしまうのです。各病院や医療機関は、現在の体制の見直しをしっかりと行う必要があるのは間違いないでしょう。

↑PAGE TOP