トップ / 医師になれる割合とは

医師になれる割合とは

医師になる割合の事

医師の割合については

医師不足がとても問題となっている現代社会であり、度々、ニュースなどでもこの問題が大きく取り上げられています。医者になるためには、その地域でもトップクラスの進学校に進む必要があり、そこでも将来、医学部を受験する割合の生徒さんはおおよそ多くて4割程度となっています。または、とても頭のいい進学校の場合には、割合は5割など、いろいろです。しかし、医学部の受験はとても厳しく、そのため医師になれる人は、ごく限られています。

医師の専門性の割合について

医師と一言に言ってもその専門性には様々な種類があります。例えば外科であったり内科であったりといった感じで、一定の割合で分かれているものです。現在最も人数が多いと言われているのは内科の分野です。内科にも様々な専門性がありますので一つ一つを調べていくと必ずしも極端に多いと言うわけではありませんが、一般に内科医は多くなっています。現在割合が高まっている医師としては精神科医が知られています。社会的なニーズの変化に伴い増加傾向にあります。

↑PAGE TOP