トップ / 医師も望む留学について

医師も望む留学について

医師がしたい留学では

医師も留学がしたい時は

医師も、安心して働くためには医局での年金についても確認しておくことが必要です。このとき気になるのは支給額のことです。支給額は国公立での勤務と、私立での勤務では異なります。なぜなら国立病院や公立病院に勤務するときには、扱いが公務員と同じになるからです。そのため、国立病院や公立病院に勤務するときには、医局での年金も公務員と同じ扱いになります。同じ医師でも、国公立での勤務と私立での勤務では支給額が異なってきますので慎重に検討することが必要です。

医師に留学は必要なのか

医師は病院やクリニックで働くというイメージが多いですが、働きながら、自分の研究分野を究めたり、学会で発表をするという医者も少なくありません。当然海外の学会では英語で発表をすることが必要です。そのために英語力を身に着けたいと留学をする医師も少なくありません。また自分の研究分野を究めるためにそれを専門とする病院や国に留学をして学ぶ、業績を上げるということを目指す人も少なくないのです。ある意味必要不可欠といえるでしょう。

↑PAGE TOP