トップ

医師も英会話力が必要な時代に

医師に必用な英語力

これからの医師は英語が必要

現在、日本には様々な仕事が存在しています。その中で多くの若者が目指している職業が医師です。この仕事も、細かく細分化することができ、そのジャンルによって学ばなければならない事柄も全く異なります。医者によっては一人で様々なジャンルの専門知識を習得している人もいますが、大抵の場合一番得意なジャンルが存在します。例えば、内科の病院があったとします。そこの病院の看板に大きく内科と書かれていますが、その下に少し小さい字で皮膚科など、他のジャンルの文字が書かれていることがあります。この場合は大抵一番上に書かれているジャンルが、そこの病院の一番得意なものと考えてよいでしょう。しかし、近年日本は観光業が盛んになり、それに伴い多くの外国人が日本にやって来ています。もちろん、その中には病気になって病院を訪れる人もいるでしょう。しかし、英語など主要な外国語が話せなければ、彼らとコミュニケーションをとることができません。これからの医師は、少なくとも英語ぐらいはある程度話せるようになった方が良いでしょう。

医者にも求められる英語力

日本も外国人が多く住むようになったり、外国からの観光客が多くなったりで、いろいろな言語が飛び交うようになりました。おのずと、病院やクリニックに訪れる外国人も増加する傾向にあります。病院やクリニックで働く医師も、このような外国人にも対応しなければなりません。そこで求められるのは、世界の共通語である英語です。症状を聞くところから、治療の説明まで、英語で対応できることが必要になります。医師はもともと学会やカルテの記入で英語を使うため、慣れていると言えます。しかし、患者さんに対して説明するなどの会話となると、少し違ってきます。どのように聞いたらいいのか、説明したらいいのか、専門用語だけではなくわかりやすく会話していくにはある程度の知識や練習が必要です。これからは東京オリンピックも開かれるため、さらに需要が増すと推測されます。日本人でも外国人でも、できるだけ同じような対応が出来るようしていくことが求められます。

↑PAGE TOP